品川乗り合い屋形船 大江戸

以前、浅草から屋形船に乗って楽しかった。そんな話をしていたら、よし行こうという話になった。今回は4人。浅草はちょっと待ち合わせ場所には都合が悪かったので、今回は品川で探した。品川、浜松町も屋形船が多い。ネットで調べて、大江戸さんを予約。一人10500円だ。品川駅港南口からは徒歩12分だが、今日は会社からタクシーで行った。

品川は高層ビルが並んでいる。そんなところに船だまりがあって、屋形船の店が何店かある。ビルの谷間のミスマッチな感じがいいな。待合室はおしゃれな感じだったが、ここでビールを飲むと別料金になるので少しガマン。しかし、すぐに船内に案内してくれて一番搾りが出てきた。

今日はこの船に乗るのだ。

こうやって写真を撮りながら、顔が喜んでくるというか、えへらえへらしてくるのだ。子供みたいだが楽しい。何でこんなに楽しいのか分からないのだが楽しい。

少しずつ暗くなってきたところで出発だ。エンジンの音は案外大きいが、走り出せば気にもならない。

小鉢が3品と刺身の舟盛り、そら豆が出てきた。どれも美味しい。天ぷらは出発してから順次出てくる。今日は満席ではなかった。そのせいでうるさくもなくちょうどよい感じだった。私もオヤジの一員ではあるが、オヤジ集団にありがちな大声と大笑いの4人ではないのでこのくらいでよいのだ。

レインボーブリッジを通過中だ。私はよく食べる方だ。食べるのに忙しい。おっとっとという感じで一枚撮った。天ぷらは揚げたてを持ってきてくれる。海老とか穴子とかちゃんとある。置いてくれればどんどん食べる。幸せだ。天ぷらの写真を撮るのを忘れた。

屋形船は、浅草から出たのも、品川から出たのもみなお台場に集合。フジテレビ前に集まる。

フジテレビ前では、まず鳥が待っている。船に乗ったお客さんが食べものを投げてくれるのを待っているのだ。鳥って夜は目が見えないんじゃなかったっけと思ったが、照明があるので見えるのか分からないが、活発に晩飯を食っている。鳥の他には、物売りが待っている。アイスクリームも売っていたが、佃煮も売っていた。なかなか商魂たくましい。屋形船の会社にもバックマージンが行くのかな?分からないけど、独占的な売り場だ。儲かると思う。

天ぷらを揚げ続けるお店のお兄さん。よいにおいがしている。一枚撮らせてもらった。

今日の乗組員の人たち。半分くらいの入りだろうか。たくさん食べない人にとってはコストパフォーマンスはよくないかもしれないが、楽しいのと美味しいのでたまに屋形船で宴会をやるとよいと思う。それと料金についてだが、8000円と10000円なら10000円の方がよいな。浅草の8000円なら今回の10000円の方が数段上の美味しさだった。ビールもキンキンに冷えた一番搾りが出てくるのでよい。

船を降りてからは、品川駅までタクシーを呼んでもらえる。わずかな距離だ。ああ、また乗りたい。

スポンサーリンク