中華そばさとう@大田区羽田

ラーメンが嫌いな人はあまりいないだろう。私の年代なら、オバケのQ太郎に出てくる小池さんのラーメンだ。小池さん、どうしてあんなにおいしそうにラーメン食べているのだろうと子供心に思った。中華丼(どんぶり)のあの模様も食欲をかき立てられるものだった。

私の人生のその後は、札幌ラーメンの洗礼を浴び、インスタントラーメン時代、カップラーメン時代を経て、健康のためにはあまりラーメンを食わないようにしようという世代である。

しかし、(今はやらないが)飲んだあとのラーメンは、翌日以降のことを考えなければ実にうまいものだった。それと、今は本当に少なくなったが、屋台のラーメンだ。これもマンガの影響がある。ハリスの旋風という、ちばてつやのマンガの影響が大きい。屋台のラーメンはうまいのではないかという刷り込みがあった。そのせいで、受験生の頃は、夜中にやって来る夜鳴きそばを百円玉を数枚握りしめて食べにいったものだった。

今はいろいろなラーメンがある。バブル以降は、とんこつラーメンが流行った。渋谷にある500円で食べられる博多天神には相当通った。今でもたまに行くがうまい。

しかし、その後、家系や二郎の影響なのか分からないが、かなりしつこいラーメンの時代になった。その間に私も年を重ね、50を過ぎた。今どきのラーメンは楽しく食べられない体になってきたのである。
そんなときに、煮干しだしのラーメンを知った。醤油味というのともまた違うような気がする。

今、一番好きなのは、羽田の中華そばさとうだ
澄んだスープで、しつこくないし、塩味が立っているわけでもなく、ほのかに甘みがある。
そして、価格が安い。中華蕎麦550円。

チャーシュー麺大850円。

定休日は月曜日だそうだ。土日はやっているので、羽田近くまで行ったら、穴守稲荷で下車して寄ってみるとよいと思う。しみじみとおいしい。

スポンサーリンク