アメ横センタービル地下

私はカレーが好きだ。自分でも作る。以前なら材料を買い出しに定期的にアメ横に通っていたのだ。ところが、今は通販が便利な時代。スパイスを始めとした材料は、アマゾンで少し送料を出すと揃ってしまう。数年前は楽天の一人勝ちの時代があったが、今はアマゾンの時代だ。アマゾンで検索したものをお誘いメールされるとかなり弱い。それと、楽天の加盟店に感じていた対応の温度差も感じない。

しかし、たまには実際のお店がどうなっているのか見たいではないか。それで、アメ横に行ってみた。買い物は、緑豆を挽き割りしたムングダル。緑豆というのは、八百屋さんやスーパーで売っているもやしの原料。発芽率のとてもよい豆だ。

アメ横を歩いていると、しゃがれた声で「お父さんも大トロ持っていって」などと声がかかる。1000円の大トロってどんなものなのだろう?15年位前にアメ横で大外れ刺身を買ってからそんな経験をしていないのだ。

141021001
アメ横でカレーの材料を揃えるなら、大津屋さんかアメ横センタービル地下の野澤屋さんだ。とりあえず大津屋さんをちらりと覗いて野澤屋さんへ。アメ横センタービルの地下は、とても日本とは思えないにおいがする。築地ではあり得ないにおい。

141021002
生鮮品を扱うならこうでなくっちゃという雰囲気だ。売っているものも鶏の足とか豚足とかさすがアジアだ。

141021004
今日は野澤屋さんのムングダルが、1キロ500円だったので2キロ買ってきた。アマゾンより少し安かった。今回はインド産だった。産地は常に変わる。今は中国産よりインド産の方が信頼できるような気がする。

141021003

スポンサーリンク