永田町国立国会図書館

調べものがあって国会図書館へ行った。国会図書館というくらいだから、国会議事堂の隣にある。銀座線と丸の内線赤坂見附のホームからずっと続いている地下通路を歩くとかなりある。10分近くかかるかもしれない。

有楽町線、半蔵門線、南北線永田町駅からも同じ地下通路で連絡している。いつも2番出口(A)から外に出るのだが、出ると参議院議員会館が目の前である。

6011601

国会図書館は、普通の図書館とは違って資料の貸出はない。必要なところはコピーしてもらうしかない。また18歳未満は入館できない。建物は本館と新館があり、以前はどちらからでも入館できたが、昨年から入館カードが発行されるようになった。

そのため、個人登録したカードを持っていない人は、新館から入館する決まりである。入館したら一時退館はできないが、食堂、喫茶店、売店もあるから特に困ることもない。

6011603

蔵書はすごい。全ての出版物が所蔵されているといううわさがあるが、それほどではないにしても、大したものだ。

雑誌も新聞も相当昔からのが揃っているから、週刊誌の古いやつを出してもらってずっと読んでみたいなあとか、子供の頃の週刊マンガを出してもらって読みたいなといつも思っているのだが、いつも調べるためにいっているので時間がないのだ。

たまに、自分の趣味のために古い雑誌を出してもらって読みふけっている人を見かけるが、心の底からうらやましいなと思うのである。

6011604

暗くなるまでいて外に出ると、正面にある国会議事堂はライトアップされていた。

スポンサーリンク