吉祥寺焼き鳥屋いせやで一杯

今日は吉祥寺で一杯。
焼鳥屋いせやに通って2年くらいになるだろうか?その前は西荻窪の戎に定期的に行っていたのだがいせやの方がよくなった。メニューは少ないが、串焼きはこちらの方が肉屋さんなのでうまい。

土曜日の夕方だったので歩道前にも人が多かった。いつでもこんな感じだが、今日は特に多いような感じだ。

60225_1

いつもならすぐに案内してもらえるのに、今日は少し混雑していて並んだ。
せっかくだから店内で1枚撮ってみた。この店、安いのだ。安いけど、串についてる肉は大きい。シュウマイもでかくてうまい。

60225_2

いつも二人で行くのだが、シュウマイ3皿、焼き鳥12本くらい、煮込み、生野菜、湯豆腐、とビール大瓶、腹一杯まで飲んで6000円あたりですむ。かなり満足度の高い店だ。最近は、チェーン店居酒屋の生ビールはあてにならない。

安いといって安心してはいけない。どうも発泡酒とのミックスの味がする。しかし、ここなら大瓶のビールが480円である。飲む時に中瓶と大瓶ではこちらの気合いも変わるというものである。

いせやは、ここと井の頭公園そばにもう一店ある。公園口の店は混むのでこちらに来るのだが、こちらの総本店、これから建て直しになるそうなのだ。どうやらここにマンションが建ち、その1階に入ることになるそうだ。
この古い建物がなくなるのは実に寂しいのだが、しかたがないのだろうな。一応、外にあった工事予定を知らせる看板には本年5月から工事開始にはなっていた。

60225_4

こうやって撮ると、これから工事が始まる雰囲気が分かる。今日もいつものメニューを注文して、二人でだらだらとビールを飲み、ラストオーダーでビールを追加して閉店までいた。

いつものように6000円払って、割り勘で3000円もらって帰る。この界隈で2002年くらいから飲んでいるからもう足かけ5年になるのか。ここで飲むと服もかばんの中も焼き鳥くさくなるのだが、それがまたいいのだ。

おされな焼鳥屋など、ノーサンキューである。焼鳥屋こそは、おじさんのオアシスであってほしい。
こういう店が変わっていくのは悲しいが、それも仕方がないのかもしれないな。

60225_3

スポンサーリンク