足立区西新井駅 西新井ラーメン

駅そばというのがうまそうに見えて仕方がなかった時期がある。
列車が来るまでのわずかな時間に熱いそばをかきこむか、スチロールの容器に入れてもらって車内に持ち込むかというものなのだが、醤油の匂いがしてくるとたまらない気分になったものだ。ただし、こういうのはたいてい地方の駅での話なのだ。

山手線のホームにもたいていそば屋さんがあるが、残念ながらどれも大してうまくない。正確にすべてを食べたわけではないが、店から伝わってくる空気でもあまりうまそうな気がしないのだ。

ところが、ずいぶん前から気になっていたそば、いやラーメン屋がある。東武線西新井駅のホームにある西新井ラーメンだ。東武線に乗って通過する時にたまに見ていたのだが、食べている風景が地方のローカル線のホームにあるそば屋さんとそっくりなのである。一度食べてみたいと思っていた。

今日、途中で降りて初めて食べてみた。昼飯というにはあまりにも遅い時間なのだが、人は途切れることなく寄っていく。

06082801

メニューはいろいろあったが、まずはもっとも安いラーメン400円を。ほとんどの人が同じようにラーメンを注文していた。ワンタン麺や味噌ラーメンなどもある。すべて券売機で食券を買うようになっている。他に食べている人を見ると、丼は小ぶりだが、よさそうな感じだ。待つこと数分、出てきたラーメンがこれだ。

06082802

ぱっと見やる気のあるラーメンだ。今時400円のラーメンなんて、市役所やら図書館で食べるやる気のないラーメンの値段だ。このラーメン、メンマもワカメもどっさりのっている。レンゲがないので丼からスープをすすると、醤油味、東京ラーメンの味。思った以上にうまい。スープもしっかり熱い。頬がゆるむのが分かる。寄ってみてよかった。

ちなみに西新井大師はこの駅から大師線というのに乗り換えて一駅である。今度はそこに行くときに寄ってみよう。

スポンサーリンク