豊島区 池袋 東京芸術劇場

池袋にある東京芸術劇場に行った。池袋西口を出たらすぐだ。ここで音楽を聴くのは17年ぶり。このホールは1990年に完成したのだが、11月のこけら落としにシノポリ/フィルハーモニア管弦楽団が来てマーラーの交響曲を全曲をやっていたのだ。その時は2番を聴いた。

今日もマーラーを聴きに来た。オケは都民交響楽団。最初、都響かと思ったのだが、そうではなく、こちらは昭和23年に創立した50年以上の歴史を持つアマチュアオーケストラなのだそうだ。昭和36年、上野に東京文化会館がオープンしてから、東京都の音楽文化振興事業の1つとして、また東京文化会館事業課が運営するオーケストラであったらしい。現在でも都民のために無料で演奏会を開いてくれているのだ。

定期演奏会を聴いてみたい方は、都民交響楽団のページに今後のスケジュールがでているので、往復葉書で応募することになる。

今日の演奏曲目は、ウェーベルン「管弦楽のための6つの小品、作品6(1928年新版)」、モーツァルト「交響曲第36番ハ長調「リンツ」K.425」、マーラー「大地の歌」である。とても贅沢な内容である。

07032407

ガラス張りの建物の中は、吹き抜けになっている。1Fには飲食店やミュジアムショップなどがある。その真ん中に長いエスカレータがある。地下鉄の深い駅から地上に出る時みたいだ。

07032408

東京メトロ有楽町線の音が聞こえることを恐れ、大ホールは地上5階から7階に作られたのだそうだ。大ホールは3階席まである。1999席。大ホール側面には大理石?が貼られているせいか、サントリーホールに比べると音がやや硬い感じがした。

07032409

東京芸術劇場
東京都豊島区西池袋1丁目8番1号

スポンサーリンク

コメント

  1. 東京都交響楽団東京都交響楽団(とうきょうとこうきょうがくだん、Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra)は、1964年の東京オリンピックの記念文化事業として、東京都が65年に財団法人として設立する。通称都響。似た名前であるが、東京交響楽団とは別組織である。歴代音楽監

  2. 東京都交響楽団東京都交響楽団(とうきょうとこうきょうがくだん、Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra)は、1964年の東京オリンピックの記念文化事業として、東京都が65年に財団法人として設立する。通称都響。似た名前であるが、東京交響楽団とは別組織である。歴代音楽監