国分寺市 名曲喫茶でんえん

国分寺にいった。半年ぶりくらいだろうか。午後に行ったから、早稲田実業の制服を着た生徒がたくさんいる。少し時間があったので、名曲喫茶でんえんに行ってみた。

名曲喫茶というのは昭和の遺物なのかもしれない。今はCDが安いが、昔はレコードは高かったのである。まとめてレコードを聴ける喫茶店というのは貴重だったのだろう。昭和32年開店とか。私、今から25年位前に国分寺市民だったことがあったのだが、知らなかった。

でんえんは、国分寺駅北口からわずか数分、ひょっとしたら2、3分しかかからないところにある。小さい店だ。しかし、この店は、「ゴルゴ13」のさいとうたかを氏が常連だったのだとか。

店内に入ると古い建物のにおいがする。コーヒーは一杯450円。CDがカウンターに出ていたが、レコードをかけていたようだ。曲が終わると紙のレーベルのところでポツンポツン音が出るのだが、そんなのを聞いたのは、20年ぶりくらいか。マニュアルプレーヤーを使っているのだろう。

スピーカーは、昔のアルテックやタンノイみたいなフルレンジ一発ものみたいだった。店内には古時計が何個も下がっており、若かりしころのカール・ベームの白黒のパネルがかかっている。私が高校生の頃のカールベームは、すでにずっと老けていたから、いつ頃のものなのだろうか。

鉄道の行き先プレートも2枚。「有田行」、「新津行」がぶら下がっている。そういえば、昔、旧国鉄は、ディスカバージャパンというキャンペーンをやっていたななどと思い出したりした。

ちなみに、コーヒーは量は少なめだが美味しい。

国分寺市本町2-8-7
TEL.042-321-2431
営業時間12:00-20:00
定休日木曜日・第一水曜日

070605

スポンサーリンク