銀座線浅草駅地下 立ち食いそば 文殊 

今日から梅雨入りだそうだ。昼過ぎ浅草へ。用があるのは吾妻橋のちょっと先なのだが、そちら方面の出口でなく、東京メトロ銀座線浅草駅から松屋への地下通路を歩く。ここに立ち食いそばやがあるのだ。

東京の立ち食いそばというと小諸そばが有名だ。都心にたくさん店舗がある。私は渋谷のそば処信州屋にも割と行く。立ち食いそばほぼ全てにいえるのは、天ぷらの揚げ方にばらつきがありすぎることだ。特に信州屋は麺に関してはかなりよいだけに残念だ。立ち食いそばで働いている人の多くはバイトだからしかたないかもしれないが。

銀座線浅草駅から松屋までの地下通路には、何ともひなびた空間があり、DVDやらマッサージやら、焼きそばやらそういうのを売っている店が並んでいるところがある。その中に立ち食いそば文殊がある。

07061401

340円のかき揚げそばを注文。ここは大盛りは+100円なのだが、大盛りは不要だと思う。普通盛りでも結構多い。時間帯によっては麺のゆで加減のばらつきが割とあるのだが、概ね美味しい。天ぷらは悪くないと思う。すいている時間帯に行くと麺のゆで加減もよくなり、なかなか美味しい。味は濃いめ。

07061402

スポンサーリンク