目黒不動尊

目黒区で一番立派なお寺といえば、目黒不動尊だ。お寺の周りには商店街があって、正月や縁日はとても賑わう。東京には五色不動というのがある。東京の五色不動は、目黒不動、目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動の5種6個所の不動尊の総称だそうだ。近いところだと目青不動というのが三軒茶屋のキャロットタワーすぐそばにある。目白という地名もこの五色に関係があるそうだ。

目黒不動尊は、正式には瀧泉寺(りゅうせんじ)という。天台宗のお寺。山号は泰叡山(たいえいざん)。目黒区内に住んでいるならどこからでもママチャリで来られるが、渋谷駅・恵比寿駅・五反田駅からバスが出ている。東急バス・渋72系統で目黒不動尊前下車。バス停は、山門の真ん前なので便利だ。

東京を歩いていて面白いのは、江戸時代に作られたベースが今でも生きていることだ。東京は面積がとても狭いのだが、23区のそれぞれと郊外に行くとかなり雰囲気が違う。それはきっとどこの藩の土地だったかということが大きく関係しているように思う。それぞれの藩は考え方も風土も違うから狭いのに東京が広く感じるのだ。

たとえば、大井町にはなぜか仙台味噌の会社がある。これは伊達藩がそのあたりに居たということなのだ。仙台坂という坂もあった。

目黒不動尊は水が豊富

目黒区には目黒川が流れているが、川なのでその場所は土地が低い。東横線に乗ると代官山からも祐天寺からも下っていくのが目黒川が流れる中目黒だ。目黒不動尊からも目黒川は近いから土地が低い。そのおかげでこの場所は湧水にめぐまれている。

15053001

目黒不動尊の山門近くには、池があって鯉や亀が泳いでいる。山門をくぐると、水垢離をする行場がある。

15053002

今は大した水量はないが、土地が舗装されていない昔は、結構な水量があったのではないかと思う。

15053004

手水もみんな湧水で今日みたいな暑い日にはかなり冷たく感じる。

15053003

本堂へは石段を登る。大田区池上には大きな本門寺があるが、本門寺の石段は長い。それのミニチュアのような規模だ。ちょっと暗い石段を登って視界が開けると本堂が見えるというのは、ちょっとした演出のように感じる。

15053005

本堂はなかなか立派だ。商店街もあわせて考えると、さぞかし江戸時代は賑やかだったんじゃないかと思う。

15053006

境内からは見晴らしがいい。ただ、目黒不動尊境内と目黒通りとどちらが標高が高いのかというとどっちだろうね?このあたりは目黒川が近いから標高はかなり低い。

15053007

昔、猫がいた

昔の話だが、2005年頃まで目黒不動尊には何匹か猫が住んでいた。お寺に猫がつきものなのは豪徳寺だけの話ではない。その中に主(ぬし)みたいな太ったメス猫がいて、参拝客にとてもかわいがられていた。動じない猫で、犬が来ようが人がさわろうがまったく関係ないという態度なのだ。その割に顔がかわいかった。みんなよく写真を撮っていた。

05112001

初詣に行ったときにその猫を探すと、隠れてしまわないで人前にいるのだが、簡単にさわれない場所に座っていた。さすがに入れ替わり立ち替わりさわられるのは嫌なのだろう。その姿もかわいくて初詣客の人気者になっていた。こんな感じでずっと座っていたのだ。みんなカメラを向けていた。

060103040

いつもごはんをあげているおばさんが来ると、短い尻尾を立てて張り切って歩き出すのもおかしかった。ところがある日突然いなくなり、それ以来、境内で猫を見ることがなくなってしまったなあ。

koma46271

毎月28日が縁日

毎月28日は縁日だ。元旦ほどではないが、屋台が出る。昔は植木屋さんが多かったが、最近は定番のたこ焼きや今川焼きなど飲食屋台が中心で、射的やスマートボールも出るから、近所の子供達に人気だ。夜までやっているが、縁日は1日限りだから20時を過ぎれば撤収を始めるので、早く行かないと雰囲気は味わえない。

15112801

商店街も縁日は人が多く、お店の前に臨時の売り場ができていてお店もかき入れ時だ。肉屋さんやおでん屋さんはかなり元気がある。

15112802

目黒不動商店街

さて、山門を出て商店街を歩いてみる。商店街は、山手通りに向かって下り坂だ。この界隈に来るようになったのは20年以上前からだ。昔は本当に古い商店街だったが、少しずつ変わっている。ずっと変わらないのは、にしむらの八目鰻だ。

にしむら 目黒店 (不動前/うなぎ)★★★☆☆3.61 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

いつ行っても行列ができている。このお店は、この商店街のシンボルだと思う。

15053009

今日しばらくぶりにゆっくり歩いて若返りが進んでいるのが分かった。縁日と正月以外はそれほど混み合う印象がないのと、東急五反田線の不動前駅から歩くと少し時間がかかるからそれほど家賃は高いとは思えない。平日は、近所の人たちがお客さんだ。

15053010

それでもアウトドアショップができたり、看板を見ると明らかに若い人がやっている店ができていたり、20年ぐらい前の中目黒の商店街の雰囲気を感じる。これからどんな風に変わるのだろう。

16053103

ヨガスタジオと自然食系の八百屋さんだろうか。

15053011

とても狭い面積で営業しているカレー屋さんや、その隣で夜は昔の名画を上映している飲み屋さんがあったりしてなんとなく楽しい。いつも現在を変えていくのは若者の力だ。

16053104

目黒不動尊へのアクセス

バスなら東急バスに乗れば山門前まで行ける。

渋72系統 大鳥神社前 恵比寿駅前経由 渋谷行き
渋72系統 桐ヶ谷経由 五反田駅行き

徒歩で行く場合は、東急目黒線不動前駅が最寄りの駅になる。

山門横のバス停

初詣

大晦日から元旦にかけてはお店が出て朝まで人が並んでいる。ただし、かなり混み合う。

2016年の1月4日に行ってみた。もう混雑は落ち着いていたけれど、「のぼり」「くだり」の表示で元旦はさぞかし混雑していたんだろうなと思うね。

2016年初詣

目黒不動尊の近くに住む

この界隈の賃貸物件の相場は少し調べてみたら、こんな感じだった。

2LDKは、22.6万円~28.9万円
2DKは、11万円~16.3万円
1LDKは、13万円~30万円
1DKは、6.6万円~18万円





住む場所として考えると、最寄りの駅は不動前だ。

目黒不動尊から不動前駅までは、徒歩で数分。交通量の多い山手通りを渡らないで行ける。スーパーオオゼキの横を抜け、かむろ坂通りの信号を渡ってすぐだ。

かむろ坂通り

東急目黒線の不動前駅。目黒駅の隣の駅だ。横浜に行くには、田園調布で東横線に乗り換えればよいだけ。意外とアクセスがよいのだ。深夜まで営業している東急ストアももちろんある。もちろん、駅周辺には飲食店がある。

不動前駅

かむろ坂に住みたい

実は、この界隈でおすすめなのは、かむろ坂だ。桜並木が続き、桜の季節は最高だ。そして、坂が駅に向かって朝は下りなのがいい。かむろ坂は、品川区小山から目黒本町に抜ける道だ。

もう一つ坂がよいのは風が抜けるところ。桜並木もあり、真夏でも周りに比べて涼しい空気が通り抜ける。そして、この通りは交通量が少ないのが特徴だ。かむろ坂の両側にはそれほど高さがないマンションが何棟も建っている。ああ、このあたりに住みたいなと通るたびに思う。

住所は西五反田4丁目8、9、25、27あたりになるのかな。

かむろ坂

目黒不動尊の隣には広い林試の森公園があって、自然環境はバツグンによい。

自転車があれば、武蔵小山商店街にもすぐに行くことができる。

目黒不動尊 泰叡山 瀧泉寺
東京都目黒区下目黒3丁目20-26
TEL.03-3712-7549

スポンサーリンク