最勝寺 (目青不動尊) 世田谷区

スポンサーリンク

三軒茶屋のシンボルは、キャロットタワーだ。1996年に完成したそうだ。いつだったかすっかり忘れていた。恵比寿ガーデンプレイスができた少し後だろう。キャロットタワーは最上階が無料で公開されている。

三軒茶屋近くにいるときは、見上げるといつでもキャロットタワーが見える。

キャロットタワーには東急世田谷線の三軒茶屋駅がある。この線はいわゆる路面電車(チンチン電車)である。朝のラッシュ時間さえ関係なかったら、沿線に住んでみたい。

その三軒茶屋駅のすぐそばに最勝寺がある。ここは目青不動尊として知られている。目黒不動尊よりはだいぶ敷地は小さいが、なかなか雰囲気がある。目黒不動尊と同じ、天台宗のお寺だ。

この門から入った突き当たりが本堂である。

本堂手前右に小さい門があるが、そこに案内板があった。

竹園山最勝寺教学院(天台宗)

本寺は慶長九年(一六〇四)玄応(げんのう)和尚の開基(かいき)により江戸城内紅葉山に建てられたという。後、明治四十一年(一九〇八)青山からこの地にうつされた。

本尊は阿弥陀如来で恵心僧都(えしんそうず)の作と伝えられる。また、不動堂の目青不動尊は東都五色不動(五眼不動)の一つとして有名である。

境内には相州小田原城主大久保家歴代の墓、南画家岡本秋暉、その子書家岡本碧巌等名家の墓がある。

昭和五十一年三月

世田谷区教育委員会

境内に説明してくれる看板はこれしかない。目黒区の方がもっと親切だな。

本堂を撮ったが屋根が完全に白飛びしてしまった。これはあとで撮り直しに行こう。

境内は案外広い。

寺務所の前には大きな木がある。

そこから先、奥まで歩くとこちらもずいぶん古い建物がある。窓の感じが、ちょっと中華風ではある。

梁をよく見ると、狛犬が彫ってある。こちら阿。

そして吽。

このお堂(?)はいつも閉められている。造りはこちらの方が大きいし、しっかりしている。なぜなのか今度お寺の人に聞いてみよう。

もちろん、寺務所からもキャロットタワーはよく見える。

地図などはこちら。

東京都世田谷区太子堂4丁目15−1

最勝寺
★★★★☆ · 仏教寺院 · 太子堂4丁目15−1

コメント

タイトルとURLをコピーしました